デジタル オシロスコープの優れた側面

オシロスコープは、電気信号の電圧レベルの時間変化を測定します。オシロスコープの画面はグラフィカルディスプレイとして用いられ、縦軸(Y)に電圧レベル、横軸(X)に時間が示されます。画面上の曲線(信号波形)は、電圧レベルの時間変化を表します。最新のデジタルオシロスコープは、信号電圧をデジタイズして値の系列(サンプルと呼ばれる)を得ることで、デジタル信号処理を可能にしています。デジタル・オシロスコープでは、デジタイズされた波形に対して、振幅、周波数、立ち上がり時間、タイムインターバル、歪みなどのさまざまな特性を解析できます。

業務用無線/簡易無線/公共無線 狭帯域デジタルとアナログ無線機の送受信特性評価ソリューション

このような波形では、ステップ間の相対的なレベルとタイミング の関係を理解することが非常に重要です。このような信号を観測 するには、低周波のエンベロープと高周波の波形をミックスし、 低周波と高周波の違いを、輝度の濃淡として表現できるオシロス コープが必要です。

オシロスコープのデコード機能を使うことで、データの中身まで解析可能です。

個々のニーズに対応するR&Sプロモーションを選択すれば、より少ない予算で購入が可能

オシロスコープには様々な種類があり、機種も様々です。 それぞれの特徴を知り、スペックシートを見ることで、性能、フォームファクター、総合的な性能を見ることができます。

ハイパスフィルターとローパスフィルターの違いを紹介しています。(リンク先はこちら)

RF シグナル・ジェネレータ らに平均値、実効値の計算、デューティ・サイクル、数学的な計算も行えます。自動測定の結果は、画面上に数値で表示されます。 通常、この値は、人間が目盛から直接読み取る値より正確です。

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。

アプリケーションノート 工場設備・アーク溶接の駆動電圧・電流測定  

様々な波の作り出す曲線にセクシーさすら感じられ、欲望は増すばかり。「ちょっと電波受信してくる!」的な勢いで、もっとしっかりとしたオシロスコープがほしい! となったわけです。

基礎技術から全固体リチウムイオン電池の研究動向や材料化学から見た課題と解決方針まで解説。硫化物系...

デジタル・オシロスコープの基本、概念、アプリケーションの詳細については、デジタル・オシロスコープ・チュートリアル ・サポート・ページを参照してください。製品サポートについては、ダウンロードの検索 ページで、各製品の情報を参照してください。

一方、垂直増幅器は、測定対象から取られた外部電圧(垂直入力)によって駆動される。この増幅器は、MΩまたはGΩ台のとても高い入力インピーダンスで、信号源からはごくわずかな電流しか取り出さない。この増幅器は、垂直入力に比例する電圧で、垂直偏向板を駆動する。

初心者や趣味の電子工作には小型の「ハンディタイプ・ポータブル・ハンドヘルド」

高調波成分がない波形を測定する場合は、オシロスコープの帯域を信じてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

Comments on “デジタル オシロスコープの優れた側面”

Leave a Reply

Gravatar